【ひな太 静岡市葵区】とんかつの名店「神楽坂あげづき」のお味が登場!

都内からとんかつの有名店が続々と静岡に流入。今回オープンしたひな太さんは本気のとんかつ専門店。なんと店主さんは四年連続ビブグルマンに輝く名店の出身だった。

銀座グルメ、静岡グルメ、西湘グルメ、
静岡県東部グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

毎度もぺもぐのご愛顧ありがとうございます✨

確かお店のインスタグラムアカウントが開設されたのが六月末頃、そこからずっと楽しみに待っていたお店が遂に8月14日にオープン決定🎊

そのお店こそ、今回ご紹介する「とんかつ ひな太」さん。

なんとこちらの店主さん、神楽坂でとんかつの名店として有名なあげづきさんで働かれていたとのこと!あげづきさんと言えば、とんかつを低温の油でじっくりと揚げる本物の低温調理でとんかつを提供している都内のとんかつ実力店✨

最近巷では、事前に低温調理した豚肉に衣を付けて揚げるエセ低温調理とんかつが増えていますが、ひな太さんでは本物の低温調理とんかつが食べれると

ワクワクドキドキ😍

そんなひな太さんですが、オープンに先立ってプレオープンされることを発表されていたので、早めの夏休みに突入してもちろんとんかつダッシュ💨

先に言っておきますが、これまでに食べたことのないジューシーなとんかつに

悶絶必至🔥

ひな太の外観

静岡駅の北側、江川町通りを昭和町方面に進みましょう。

とんかつの幟が立っていたので難なくひな太さんを発見🙌

新店舗なのに外観を見る限りではそこそこ年季の入った外観、ここで10年くらい営業しているベテランに見えます(笑)

残念がらコロナのせいで空き店舗が増えていますが、ひな太さんのように新しい店舗が入ってくれるとGreedyなもぺとしては嬉しいな。

お店の看板をみると、低価格ではなく高級路線のとんかつ屋さんかなぁという雰囲気。

ちなみに店名のひな太は店主さんの息子さんのお名前を使用されています。

私の息子に陽向太(ひなた)と名付けた時とまったく同じで、「明るく温かな場所に人は集まりその中心にいて欲しい」そんな想いをそのまま店名にしました。飲食店繁盛の原理原則の中に読めない(読みにくい)店名では繁盛させにくいと言う考えがあります。

陽な太とひな太で散々考えましたが読みやすさ=伝わり易さでこの店名になりました。

ひな太さんのインスタ投稿より

もぺもブログを書くようになって、つくづく店名は大切だなぁと思っています。ありきたりやシンプルすぎると検索で引っかからない、横文字や難しすぎるとそもそも覚えてもらえない😱 その点、ひな太さんは非常に使いやすく良い名前だと共感しました👍

ひな太さんでメインに使われる豚は、店主さんの生まれ故郷の山形県産「米の娘ぶた」🐽

初めて聞いた豚の名前だったので調べてみると大商金山牧場さんが育てられているブランド豚さん。その多くは山形県内で消費されているようで、webページによると静岡県内で食べることが出来るのはひな太さんだけだと思います🙋‍♂️

こちらが店頭に置かれているメニュー。

高級なイメージを持っていましたが、手の掛かる低温調理のとんかつをいただけると考えたら、この値段はお手頃に設定されていると思います🙋‍♂️

メンズには嬉しいご飯ときゃべつはお替り無料。もぺ的にはとんかつ屋さんはキャベツが美味しいので、これは非常にありがたいっす😍

それでは店内へ入りましょう!

ひな太の雰囲気

開店時間の少し前に来ても良いですよと伺っていましたので、もぺが記念すべき第一号の客(笑)

店主さん、店員のみなさん写真の許可も下さりありがとうございます🙇‍♂️

現在はカウンター6席にテーブル6卓、シックにまとめられた店内はゆとりがあるので、ランチもゆったりと頂くことが可能👍

そして第一号になることが出来たもぺの特典は

アリーナ席ゲッツ❗️

銅鍋の真ん前という最高の席に座らせていただきました🙌 これから初使用する揚げ油は、ラードとキャノーラ油を一晩かけてブレンドした品。こちらを最初は種火でゆっくりと温度をかけていき、2時間程度かけて温度を上げて準備完了。

ちなみにひな太さんでは事前に低温調理した豚を使うのではなく、もちろん注文後に油でじっくりと低温調理されています。よって、提供までに時間が必要となりますのでご注意くださいね👍

ひな太のメニュー

メニューはお昼の定食、夜メニュー、単品で構成。ちなみにランチ時にも夜メニューの特上ロースかつと特上ヒレかつが準備されていることもありますので、興味がありましたら店員さんにご確認くださいませ🙋‍♂️

自家製レモネード

注文した後には卓上の調味料をチェック🤩

右奥から自家製の出汁醤油、自家製のトリュフドレッシング、中濃ソース。

ツボはゆず大根、ピンクの塩は岩塩。

そうこうしていたら自家製レモネードが登場。

あーしっかりしたレモンが爽やかで程よくビター、甘さが絶妙でこれは間違いなくとんかつとも

最強のコンビ🤝

これはおすすめ!

アリーナ席をゲットしたので調理工程もばっちり観察🥺

始めに軽く小麦粉を纏わせてから玉子、再度小麦粉に玉子を纏わせてからパン粉へ。

さりげなくパン粉をまとわせていますが、この力加減こそとんかつの命だろうな。

揚げ油は三カ所準備されており場所によって温度が異なる様子。

特上ロースはおそらく一番低温の油でじっくりと火入れを開始🔥 一方、ノーマルのロース肉は真ん中のより高温の油で調理されていました。

特上になると肉に厚みが出るため調理時間が長くなるようです、時間がない時には特上以外を選択されると良いでしょう🙋‍♂️

三点盛り

定食セットを注文すると自家製たくあん、ポテトサラダ、きゅうりの三点盛からスターティン。

自家製たくあんは見た目の通りパリパリ食感。壺漬けっぽいお味は白米が欲しくなるなぁ🍚 ポテトサラダには燻製感のあるベーコンが使われていて定番のマヨベースが落ち着く味わい。塩分控えめのきゅうりは胡麻油が効いているので物足りなさはなし👍

もぺのとんかつさんは相変わらず油の中に沈んでいます。沈んでいるのは水分量が多い証だろうな🤤

後半は油を移動して高温で仕上げに入った様子🔥

丁寧に油切りをして、いよいよもぺのとんかつが完成🙌

米の娘ぶた特上ロースかつの定食セット

今回の注文は事前に特上シリーズがあることを確認していたので特上ロースと単品のヒレかつを発注🐽 とんかつの衣は薄い色付きですが、しっかり香ばしく揚げられており匂いで

よだれ5リットル🤤

こちらが定食セットの全貌。

突然ですがトンカツの下になぜ網を敷くか君はご存知ですか?実はこれがないとトンカツの裏側が自身の熱で蒸れてしまって衣が残念な感じになっちゃうんです💦

特上ロースの断面は見事などピンクで

ワクワクドキドキ😍

トンカツにはしっかりと衣が張り付いているだけでなく、見事に衣が立っており完璧な揚げ具合じゃないでしょうか🙌

まずはそのまま何も付けずに頂いてみると

けしからん
旨さ!

うはぁ、これは想像していたよりも斜め上を行く豚肉の柔らかさに

口内幸福😍

確かにメニューに「当店ではおいしさを最大限に引き出すため低温で繊維をほぐすように火を通ししっとり柔らかく仕上げています。」と記載されていましたが、これにはビックリだわ!

特上ロース肉らしくサシの入り方も良く、塩で頂いてみると豚肉のジューシーな甘みと旨味が引き立ち

3150😍

間違いなくこのロース肉のジューシーさは

これまでのNo. 1🏆

いつもはちゃんとベジファーストするのですが、今回ばかりは揚げたてのトンカツを目の前にして後回しにしちゃいました😅

トンカツ屋さんらしいフワフワのキャベツにトリュフドレッシングをかけると、トリュフの香りが最高過ぎてこれはおかわり必至😍 ちゃんとドレッシングのそこにトリュフも確認しましたよ隊長どの!

続いては自家製の出汁醤油を使用。

これがまた抜群に

やたらうまい🤤

生醤油的な軽めでフレッシュ感のある醤油に、出汁の旨味がしっかりプラスされています。おかげで思った以上にトンカツがあっさりと変身🙌

うひゃぁ、これは間違いなく

ごはん泥棒🍚

ちなみに美味しいトンカツ屋さんの必須条件であるお米、こちらも艶々でやや硬めの炊き上がりで最高っす!

ちなみにソースは残念ながら自家製ではないそうですが、静岡県の浜松市が誇るトリイソース。ソースは東に行くに従って酸味が増し、西に行くに連れて甘みが増すそうです。

はい、日本の真ん中にあたる静岡ではバランスが良く酸味と甘味が仕上がってますよ👍

もちろんソースも良く合いますが、それにしても特上ロースはしっかりと肉の繊維があるのに柔らかく肉質も凄いなぁ😍


米の娘ぶたヒレかつ

店主さんのインスタアップを見てどうしても食べておきたかったヒレかつ🤩

単品で設定してくださっているので、これは絶対に食べて下さい!食べないと後悔するレベル!!

ちょっと衣を落とした後に口をマックスまで開いてかぶりつくと

ぶち美味い!

なんですかこのヒレ肉の保水率は!食べている傍から肉汁が溢れるため、ジュルジュルと啜りながら食べるほど

肉汁スプラッシュ!

揚げの技術が素晴らしいだけでなく、このヒレ肉自体も凄くないとこんなことにはならないはず🤩

ヒレ肉には出汁醤油が

最強のコンビ🤝

脂身がほぼ皆無なヒレ肉なので、こちらは脂身が苦手な方でもあっさりといただけますよ。

フィニッシュはロース肉にカムバック。

まずは出汁醤油に山葵、しっかりとした脂身も本当に柔くて熱っこくないんですよ。

最後は定番のソースに辛子でごちそうさまでした🙏

良い子の君はくれぐれもソースを衣に付けるのではなく、このように豚肉に直接付けてくださいね😍 トンカツの衣が可哀想なので代弁しておきます(笑)

日向夏のシャーベット

プレオープンのサービスでいただいた日向夏のどデカいシャーベット🍨

え、これメニューにはありませんでしたがサービスとは思えない本格的な美味しさ!

ひな太の情報

低温の油を使ってじっくりと時間をかけて揚げられたひな太さん、これこそ本物の低温調理とんかつをいただけるお店。伺うまでは若い人が独立されたお店だと思っていましたが、伺ってみるともぺと変わらない年齢?でしっかりと技術を習得されている職人さん👏

揚げる前に豚肉を低温調理したトンカツとは完全に別次元の美味しさにはビックリ🤩 また自家製レモネードがトンカツと抜群に合うので、もぺもぐを読まれた君はこちらも

マストオーダー🤤

実は店主さん、しょうが焼きもメニューに加えるべく検討されているので、また近々伺わせていただきます!

静岡市に来たなら、是非とも食べていただきたいオススメのグルメをまとめてみました。他のサイトにはない、もぺ完全セレクトの個性的なお店が目白押しですよ👍

もぺ的には星
★★★★★★★★★

関連ランキング:とんかつ | 静岡駅新静岡駅日吉町駅

もぺもぐにアップしているお店は、下記のもぺもぐマップ(Googleマップ)から位置情報で検索可能です。お店を選ぶとリンクが貼ってあるので、ポチッと押すと記事にGO💨

本ブログが参考になったならブログの運営に協力してもらえませんか?

ネットでお買い物される際に以下のリンクを通して、アマゾン、楽天、Yahooから購入いただけると嬉しいです😊

[

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です