【氷花餃子 小田原】ミシュランに取り上げられた美しい羽付き餃子以外も本格中華料理だった!

小田原の中華料理店を調べて真っ先に気になるお店といえば氷花餃子さん。見た目にも美しい餃子に注目が行きがちですが、実は本格的なメニューが揃っており何を食べても美味しい名店。

銀座グルメ、静岡グルメ、西湘グルメ、
静岡県東部グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

毎度もぺもぐのご愛顧ありがとうございます✨

小田原でずっと気になっていたお店といえば、見かけが素晴らしく美しい餃子で有名な氷花餃子さん🥟 店名が餃子の名前になっているほど、この料理がお店を代表する逸品ということなんでしょうね。

気になっているなら早く行けよと思いますが、中華って1人で行くと2, 3品しか食べることができないので、誰か行く人がいないかなぁと探していましたが見つからず💦 というか、事前に計画を立てて伺うほどでもないと思いまして、声すらかけていませんでした(笑)

そんなある日の午後、突然ですがなぜか晩御飯で餃子を食べたい気分に😍 こんな日は滅多にないので、ここを見逃すまいと会社帰りに小田原にて途中下車してからの、絶品と名高い美しい氷花餃子が食べてみたいぞダッシュ💨

氷花餃子の外観

平日の夕暮れ時の小田原駅前。

駅から帰宅する人よりも、駅に向かっている人の方が多い感じなんですね。あまり夜の小田原に来ることがないので、ちょっと新鮮な気分です✨

錦通りをズンズンと進むと、氷花餃子の文字が見えて来ました!

こちらビルの2Fにあるのが氷花餃子さんの店舗。

どことなく現地の香りがするお店の雰囲気←どこが現地か知らんけど、これは知らなかったら当たりかハズレか分からないので、ちょっと入ることを躊躇する店舗かもしれないな🙄

店名にもなっている氷花餃子のデカい看板がど〜ん! これなら名物料理が何かすぐわかるので、良い看板だと思います。

店頭には氷花餃子以外にも一推しメニューがラインナップ。

そうそう、氷花餃子さんのメニューを見ていて聞きなれないチョマーメンと梅チャーハンもめちゃんこ気になっていたんですよ😍 ウン十年生きて来ましたが、チョマーメンなるメニュー名は初めて聞きました!

ちなみにチョマーメンにてGoogle検索を行うと、氷花餃子さんの記事しか出て来ませんでした(笑)

なるほど氷花餃子さんは本格四川料理と中国東北料理のお店だったのね。70名の宴会もOKということは、かなり大箱店舗の様子。

階段を登ると氷花餃子さんの店頭にとうちゃこ。

氷花餃子とは

ちなみに階段をのぼる途中に氷花餃子の紹介を発見🙋‍♂️

氷花餃子

清乾隆年間、宮廷料理人が作り出す精巧、細作な絶品料理であり、その割烹密伝の技術を現代に再現させたもの雪の結晶、氷花のような形、美しさを堪能、まるで芸術的なこの作品は宮廷点心の極上とされ乾隆五十年「満漢全席」の逸品に配列された。

お〜お、なんやら良くわかりませんが、「満漢全席」に含まれているメニューと聞いたら凄い気がします🙌 ←他にどんなメニューが含まれているかはまったくわかりません(笑)

氷花餃子の駐車場

残念ながら氷花餃子さんは街中の店舗ということで駐車場の準備はなし。

氷花餃子の雰囲気

店内に入ると縦長の店舗は、入り口側がテーブル席、奥は団体客用のお座敷席となっている様子。もぺが食事中に20人ほどの団体客がやってきて、奥のお座敷に吸い込まれて行きました。

ちょっと高級感がある雰囲気でしょ。

氷花餃子のメニュー

メニューは写真付きなのでわかり易いっす!

こちらはご飯ものに野菜類。

海鮮ものゾーン。

肉類と四川料理はこちらにまとまっている感じ。

つまみにスープとデザート。

ランチメニューは税込で1,000円を切っており、これは安くてありがたい価格設定✨

ビールで乾杯

氷花餃子は絶対に食べておきたいが、日によっては提供に時間がかかるそうなので、まずはメニューを見ることなくビールと氷花餃子を発注。

近々に冷やされたジョッキで生中、今日もオレお疲れちゃん🍻

卓上調味料は、自家製の辣油、酢、胡椒、醤油でしょうかね。

豚肉ときくらげ、玉子炒め

ビールを飲みながらメニューを確認して「豚肉ときくらげ、玉子炒め」を発注。きくらげが大好きなんですよね😍

すると、想定通り氷花餃子よりも先に炒め物が登場でした👍 見た目にはわかりにくいですが、ボリュームもそこそこあって良い感じ。

まずは具材を単品で食べましょうかね。

いきなりキクラゲから食べてみると、しっかりと旨味が効いている塩ベースの味わい。どこか発酵したような熟成感と香りがあり、香ばしく炒められた玉子には絶妙な繊維質が残っていて

うまぁ🤩

ライスが欲しくなる味わいだなぁ😍

肝心の豚肉は、ペラペラの豚バラ肉がたっぷりと入っており、具材と一緒に食べると良い感じに仕上がってます🙌

氷花餃子

炒め物を半分ほど食べたところで、本日主役の氷花餃子がお皿いっぱいに広がって登場🤩

見た目通り、羽根はしっかりとパリパリに焼かれており、羽根を崩しながら餃子を解体して行きましょう! この氷花餃子、餃子同士が引っ付いていないので良いね👍

羽根部分ですが、普通の餃子の羽根とは違いサクサク感が強目で食べ応えもあり。

餃子ですが、こちらは餃子というよりも饅頭に近い丸みのあるフォルムでズッシリと重い。

こちら思っているよりも

アツ要注意🔥

1個目を食べるときにやられました💦

氷花餃子はしっかりと皮に厚みがあり、野菜たっぷりでジューシーな仕上がり。なんとニンニクは不使用なので味にパンチはありませんが、あっさりしていて塩胡椒にもぴったりの味わい。

氷花餃子は皮が厚めなので、予想以上に食べ応えがあるので要注意!

チョマー麺(大辛)

氷花餃子を食べながらチョマーメンと梅炒飯のどちらを注文するか熟考(笑)

その結果、氷花餃子があっさりメニューだったので辛いメニューのチョマーメンに。ちなみに辛さは調整可能とのことだったので、迷うことなく大辛にてオーダー🔥

写真では具材が何かイマイチわかりませんでしたが、この上に乗る具材はほぼキャベツの炒め物。何をせずとも、パンチ力抜群の山椒の香りが漂って来てますよ🤤

まずはスープからなのですが、表層を多めの油が覆っており、これ本日二回目の

アツ要注意🔥

熱過ぎてスープの味が良くわからなかった💦

麺は太めでやや平打ちでもちもち感あり。

この麺がゴワッとした感触な上に箸が強烈に持ち難いので、ぜんぜん麺線を揃えることが出来ず、ツルンツルンスープを周りに飛ばしながらやっとのことでパシャリ📸 シャツにスープが飛ばなかったことが奇跡に近いっす!

キャベツには辛味がまとわりついて来ますが、見た目ほどの辛さはなくスパイシーで

うまぁ🤩

いつまで経っても熱いっす🔥

キャベツ以外の具を探していたら、炒め物と同じ豚バラ肉を発見😅 完全に炒め物と被ってましたが、野菜と一緒に食べると

👍👍👍

キャベツを食べ進めていると、アルマジロのように飾り包丁の入ったイカを発見。飾り包丁により食感が増して

\( ˆoˆ )/

さらにさらに海鮮からベビーホタテ。ホタテまで入っているということは、スープにもきっと海鮮の旨味が溶け出して美味しくなっているはず😍

やっと冷めて表層の油も少なくなったスープ。うはぁ、最初はまったくわかりませんでしたが、スープは火鍋のようにスパイシーでこれは

3150😍

ひょっとしたら大辛にすることで辣油が増えているかもしれないので、ノーマルの方がバランスが良く美味しいかもしれないです🙋‍♂️

氷花餃子の情報

氷花餃子さん、念願の氷花餃子とチョマー麺を味わうことが出来ました。

注文した品はどれも満足のお味だったので、次は梅炒飯と何か四川料理から辛い陳メニューを食べたいと思います🔥

小田原に来たら是非食べて頂きたいランチグルメをまとめました。これで小田原に来た時の君のランチは決定間違いなし✨

もぺ的には星
★★★★★★★★☆

関連ランキング:中華料理 | 小田原駅緑町駅

もぺもぐにアップしているお店は、下記のもぺもぐマップ(Googleマップ)から位置情報で検索可能です。お店を選ぶとリンクが貼ってあるので、ポチッと押すと記事にGO💨

本ブログが参考になったならブログの運営に協力してもらえませんか?

ネットでお買い物される際に以下のリンクを通して、アマゾン、楽天、Yahooから購入いただけると嬉しいです😊

[

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です