【anotemari アノテマリ 長泉町】フレンチベースの本格的なCafe&Deliがいただけるお店のランチとディナーが家族でも大満足!

長泉なめりにほど近い沼津小山線沿いにある看板が以前からめちゃ気になっていました。その看板には大きく “海老と帆立のハンバーグ” と書かれています。メニューのインパクトが強くて横に書かれている店名は全く頭に入ってきません。

沼津グルメ、三島グルメ、伊豆グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

在宅勤務が始まってもぺが娘の習い事の送迎を担当することになりました。

が、ただ送り迎えをしてもつまらないので、この日は娘と二人で外食ディナーを楽しむことに勝手に決定😍。

これによってランチだけでなく、ちょくちょくディナーにも行けるようになりました👍。

ただし車での送迎のためノンアル縛りがあります💦。

あと食のコンサバ娘にも食べてもらうためにお店の選択にかなり苦労しています(笑)。

そんな時にちょうど良さげなお店として発見?思い出したのが cafe ano temari(アノテマリ)さんです👏。

変わった名前だなぁと思っていたら、由来がホームページに紹介されていました。

ano=ポルトガル語で「1年中」 temari=桜の品種名「1年中、春のようにポカポカ温かい…皆が思わずにっこりしてしまうような…」そんな願いを込めて名付けました。
アノテマリさんのホームページより

アノテマリさんなら娘も喜んでくれるだろうと、事前予約をして伺って行きました。

今回も結果を先に言っちゃうと、アノテマリさん子供から大人まで満足できるので家族で来るのにピッタリのお店です🤗。

お店の外観

長泉の沼津小山線沿いにあるこの看板、インパクト大でずっと気になっていました。きっとこの看板が気になっていた人はもぺ以外にも結構いるのではないでしょうか?

ano temariさんの一推しメニュー “海老と帆立のハンバーグ” マストイートです😍。

こちらが店頭の様子です。

先ほどの看板が巨大だったので大きめの店舗を想像していましたが、個人営業されているお店だったんですね。

温かみのあるライトアップで店内の居心地も良さそうですね👍。

駐車場

駐車場は店頭、店舗横、さらには道路を挟んで反対側にも用意されています。

10台程度確保されており、きっと車で来られるお客さんが多いのでしょう🚗。

お店の雰囲気

店内はなんとなくオシャレなhair salonのようです。

各テーブル間はかなり広めの距離を開けてくださっているので、パーティションなしで大丈夫ですね👌。

奥にトイレがありますが、なんと男性用と女性用で分けられています。

またカフェですが、なんとなんと畳の和室まであります。これさえあれば小さいお子さんのいらっしゃるご家族でも安心して来ることができるのではないでしょうか? ただし一部屋限定ですので、使用したい時は事前予約して確保された方が良いかと思います🙋‍♂️。

こちらはparty menu(要予約)。

ボロネーゼの春巻き! ありそうだけど聞いたことないメニューですね🤤。サクサクの春巻き皮にボロネーゼが包まれてるなんて、想像しただけでヨダレもんだなぁ。

ランチから対応してくださるのが良いですねぇ。この料理内容であれば、先ほどの和室でママ会を開くのにドンピシャじゃないでしょうか😍。

メニュー

夜の一品メニューはこちら💁‍♂️。

お手頃な価格設定なので複数人でシェアするとちょうど良さそうですね。

牛フィレのタルタル バルサミコソースがめちゃんこ気になったので次回いただくことに決定!

こちらがメインディッシュですが、種類がめちゃんこ多いではないですか!

👍👍👍

しかも、魚、肉共に非常にバリエーションがあるので、優柔不断な方だとメニューが決まらないのでないでしょうか(笑)。

もぺのセレクトはもちろん看板メニューからエビとホタテのハンバーグと思いきや、焼きリゾットに乗ったエビとホタテのハンバーグを発見したので急遽変更🤩。

娘にはタンシチュー、オムライス、ミートドリアあたりかなぁと思っていたら、モンブランハンバーグなる魅惑的なメニューを発見🙋‍♂️。娘の許可を得たのちにこちらを発注させていただきました。

もぺは前菜とスープが欲しくて、娘にはライスとおやつが欲しかったのでSET MENU②を一つお願いいたしました。

前菜とスープ

前菜は3種盛りでスープは超具沢山🗻。

蓮根のサラダは紫蘇が爽やかで良いアクセントに。蓮根って味が染み込み難いですが、紫蘇のような風味の強いハーブ類を合わせると美味いんですね😍。

右はたまごのキッシュでしょうか? 葉っぱにラデッシュが添えられていて仕事が細かい。決して高級食材でなくても、こういうアレンジがしてあるとさすがプロだなぁと感じますよね。

肝心の玉子はフワッと優しくて口の中で消えました(笑)。

前菜の主役はこちらのシューですね。

見え難いですが下にはラタトゥイユが隠れてますので、シュー生地と合わせていただくと

口内幸福😍

具沢山スープという点において、こちらはミネストローネと呼んでも間違い無いでしょう。

塩気、オイル共に控えめに調理されているので小さいお子さんに食べさせてあげたくなるような優しいスープですね🙋‍♂️。

おっさんはもっといっぱい飲みたくなりました(笑)。

モンブランハンバーグ

こちらが娘用のデミグラスハンバーグです。

ちょっとこのルックスどーですか😍。真っ白なマッシュポテトにデミグラス、さらにボリュームある多品目の鮮やかな野菜がお見事すぎる✨。

モンブランの正体はマッシュポテト、濃くなくてシンプルなお味でデミグラスと良くあっています。無事にもぺの娘も喜んで食べてました。

野菜は種類が豊富で一つずつなのがポイント高いです! 同じ種類だと子供が苦手なものは食べてくれませんが、一つだと子供が嫌がる前に食べちゃうのでもぺの娘もほぼ完食に成功しました👏。

肝心のハンバーグの写真はありませんが💦、ナツメグがしっかりと効いていて本格的なバーグでした😍。

娘曰く

ぶち美味い!

との事です(笑)。

アノテマリさんのバーグは子供も大人も大満足できると思います。

ただのライスです(笑)。

ハンバーグとの相性も良かったらしくて娘が一瞬で完食でした。

焼きリゾットに乗ったエビとホタテのハンバーグ

予想外にご立派なお皿での登場にビックリ!

サラダが乗っているので気になる海老と帆立のハーンバーグの全貌がつかめませんね💦。

娘のモンブランハンバーグもそうでしたが、プレートにしっかり野菜が使われているのが嬉しいですね😊。

よく見ると焼きリゾットだけ少し顔をのぞかせてます。表面にカリカリの焦げ目が入っていてめちゃんこ美味そう😍。

見た目は

Perfection !

茹で野菜はどれもみずみずしくて美味しいですね。地元の新鮮なこだわり食材の成せる技ですね👍。

野菜を平らげると海老と帆立のハンバーグが姿を表しました🙌。なんとなく茶色くないとハンバーグってイメージではないですね(笑)。

お目当ての焼きリゾットとバーグを同時に食べてみると

最強のコンビ!

焼きリゾットのカリカリ感に対して帆立のバーグはフワッフワッ😍。

しかもバーグはバターでジューシーに仕上がっていて

けしからん
旨さ!

海老はミンチではなくプリプリの食感が残されているのが👍。

焼く時に使われているソースというかバターがリゾットとバーグの一体感をめちゃくちゃ高めていて

ぶち美味い!

これは絶対に肉では出せない美味さです😍。

メニューには海老と帆立のハンバーグもありますが、もぺ的には焼きリゾットが乗ったこちらが

ブチおすすめ🙋‍♂️

デザートは季節のフルーツとアイスクリームの甘い誘惑。

アイスはひまわりのアイスと静岡が誇る紅ほっぺの2種類です。

ひまわりのアイスどんな感じかなと思ったら、ひまわりの種がナッツのように良いアクセントになってます👍。シンプルなバニラぽいお味ですが、砂糖に特徴があるのか?なんとも優しくて好きな味でした😍。

アイスもおそらくお店で作られていて手間がかかっていますね🙇‍♂️。

お店の情報

アノテマリさん、来るきっかけとなったのはインパクトのある看板でしたが、しっかり手の込んだ料理で本当に驚きました。

フレンチだとなかなか小学生の子供とは行けませんが、まずはこちらで子供に慣れてもらうのが良いのではないでしょうか。

店内も良い雰囲気なのでデートでもOKですが、もぺ的には家族で来て各自がバラバラのメニューを頼んだら楽しいと思います🙋‍♂️。

コロナで外食の機会が激減して色々なお店が大変な状況になっています😢。アノテマリさんには和室もありますので、事前予約していけばちゃんと隔離してもらった上で食事を楽しめますよ👌。

現在はテイクアウトの対応もなさっているので、興味のある方はホームページを覗いてみてくださいね。

もぺ的には星
★★★★★★★★

関連ランキング:カフェ | 長泉なめり駅

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です