【肉の宝屋餃子 清水町 曲金店 柿田川店 浜松市 三島店】フードマーケットマムに静岡発祥の冷凍餃子を無人直売する店舗がオープン!

無人直売するお店が急増していますが、まさか静岡発祥の餃子まで新規参入。元々は肉の宝屋が販売されていた人気の餃子が冷凍テイクアウトとしてリバイバルして誕生。

静岡県東部グルメ、伊豆グルメ、
沼津グルメ、三島グルメ、富士グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

沼津には冷凍餃子テイクアウトの雪松が出来て、次にオープンしたのがまさかの伊豆の国市💦

見事に三島飛ばしをくらったなぁと思っていていたら、捨てる神あれば拾う神あり! なんと肉の宝屋という静岡県発祥の冷凍餃子テイクアウト専門店がオープン㊗️

三島ではなく清水町にオープンなのは置いておきましょう(笑)

「肉の宝屋」とは

肉の宝屋は昭和45年に静岡にオープンした肉屋さんのようです。

そこの人気商品が餃子であったことから、50年前に肉の宝屋で餃子を作っていた方から実際に監修を受けて “肉屋の本気の餃子” が完成したようです👏

肉屋にしか出来ない肉汁あふれる本気の餃子、めちゃんこ楽しみに行って来ました🏎

創業50年 肉屋の本気!

こちらは柿田川店の外観になります。おそらく曲金店もほぼ同じ外観をしているのではないでしょうか🤔

ぱっと見では、いやほとんど完全に餃子の○○のような出立ちです(笑)

駐車場

現在のところ、肉の宝屋餃子さんはフードマーケットマムと提携しているのかなぁ?

柿田川店、曲金店共にマムさんの敷地内にあるので、マムさんの広々とした駐車場を利用することが可能です👍

店内の雰囲気

店舗に入店すると、目の前にはど〜ん!と冷凍庫だけが鎮座。

やはりどこかの営業システムを○○しているとしか思えません😓

餃子の買い方

餃子の買い方はとてもシンプルです👌

①餃子をご希望の個数ケースからお取りください
 1パック36個入り:1,000円(税込)
②料金を料金箱に入れてください。
 *おつりは出ませんのでご注意ください。

たったの2ステップで簡単です。以下は注意事項です。

1パックにつき2つまで保冷剤を差し上げています。レジ袋は餃子1包につき1枚まで。お釣りは出ませんのでご注意ください。

冷凍庫の何かには餃子が整然と並べられています。

お好きな数だけ購入してください🙇‍♂️

餃子の買い方はわかり易いように、店内の至る所に掲示してありますよ。

②のお金を入れるのはこちらの真っ赤な金属の料金箱になります。

料金箱の上にはお問い合わせの電話番号が記載されていますので、本当に困った時にはこちらに連絡しましょう🙋‍♂️

普通に買い物をしているならお世話になることはないでしょうね。

こちらが冷凍餃子🥟

ちょうど店内には他にお客さんがいなかったので、店内で撮影させていただいたよ📸

肉の宝屋

餃子の帯に解説が書いてありました。

肉屋の本気

昭和45年、静岡に食肉店「肉の宝屋」として登場。あちらこちらのご家庭に美味しいお肉を届けたい、お肉を食べたお客様の笑顔満開な毎日を探求し続けて50年を迎えました。そんな肉屋の本気が結集したのが「肉の宝屋餃子」。国産豚を遠慮なしたっぷり使った肉餃子。一気に焼き上げると香ばしい香りが立ち込める。パリッとした皮、たっぷり詰まった餡。ひとくち食べるとジュワーっと口の中で広がる肉汁。もう箸が止まらない。肉屋、本気の逸品「肉の宝屋餃子」、ご家庭で是非ご賞味下さい。

さすが肉屋の餃子だけあって餡にはたっぷりの肉が使用されているようですね🐽

冷凍餃子の原材料表をチェック!

なぜかと言うとここをみたら入っている材料とその量が一目瞭然です。原材料は多く入っているものから順番に表記するルール👌

さすが肉屋を歌っているだけあり、原材料のトップに豚肉がいらっしゃいます🐖 二番手をゲットしたのはキャベツ! こちらの餃子は白菜ではなくキャベツなタイプ。

肉たっぷりのキャベツ餃子🥟 なんとなくですが餃子のイメージが出来上がりました🙋‍♂️

さりげなく横に記載されていますが、こちらの餃子の大きな特徴がすでに餡に味が付いているためタレは付いてきません😲

成分を見ると和風だしやら色々調味料が使用されていますが、そんなに濃そうな味ではなさそう。

美味しい焼き餃子の作り方

作り方は包紙に記載されているので、ビリビリに破かないようにご注意(笑)

作り方

①フライパンに油30ccをひき、火をつけて1分温めます
②フライパンに間隔をあけて餃子18個を並べます
③熱湯を餃子の半分位の高さまで差します
④蓋をして強火にし約3分蒸し焼きにします
⑤蓋を取り水分を飛ばしお好みの焼き色がついたらできあがり

★ごま油で焼くと風味が豊かになります。
★餡に味が付いているのでタレなしでも美味しく召し上がれます。

ここでもぺからの注意点、焼き餃子の際には水ではなくて熱湯を使いましょう🙋‍♂️

フライパンの温度を下げないためと、熱湯を使うと皮がモチモチに仕上がるんですよ。

調理法

冷凍餃子は18個入りが2パックになっているので使い勝手が👍 なのですが、これも餃子の○○とおなじやん(笑)

最初なので美味しく作るためにごま油で行きま〜す✨

ちなみにもぺ家の餃子は油なしで焼いてあっさり仕上げをもっとうにしております。

油が温まったら餃子1パック分をフライパンに綺麗に並べましょう。

軽く焼く頃にポットで温めていた熱湯の準備が完了、ジュワッとフライパンに投入。

ここで注意点! フライパンを温めすぎると水が蒸発するので熱湯は多めに準備したほうが安全。

3分間蒸した後に焼き上げたのがこちら💁‍♂️

あれっ、焼き上がると餃子がひと回り小さくなった気が、、、

皿に盛り付けてみると、こちらの餃子は小ぶりなことが判明。

写真がちょっと残念な感じで、なんだかパリパリ感が伝わらないなぁ😭

実食

お待たせしました🙋‍♂️ やっと餃子の実食です。

ニンニク&ニラの香りが食欲をそそるなぁ😍

サイズはやはり小ぶりで一口でちょうど良い大きさに設定されてるんじゃないですかね。

パックり食べてみるとほどほどにジューシー🤤

肉を謳っているだけあって豚肉がタップリと入っている肉餃子、味も程良く効いてますが濃すぎることもなくて

ぶち美味い!

なんとなく肉がプリタツなのでシュウマイのように感じるなぁ

酢醤油までは必要ないですが、酢胡椒がピッタリと合う餃子だと思います🙋‍♂️

餃子を焼いたら縮んだように感じたのは、豚肉がタップリ入っているため焼くことによって豚肉が縮んだことによるんだろうなぁ🤔

お店の情報

肉の宝屋餃子、営業スタイルが完全に餃子の雪松の丸パクリです(笑)

しかし餃子はと言うと、雪松の餃子が野菜中心のあっさりタイプに対して宝屋の餃子は肉肉しく真逆をいく餃子になっています。

餃子のスタイルが全く異なるので、どちらの餃子が好きかは人それぞれの趣向によるんじゃないかと思います🙋‍♂️

餃子の雪松の記事は↓になります。

【餃子の雪松 沼津 伊豆の国市】突如静岡に菊川店、浜松幸店、静岡葵店、駿河店、沼津店、焼津店、島田店、富士店、さらに一宮店、瀬戸店、名古屋中川店をオープンした冷凍餃子の無人テイクアウト専門店のメニュー、値段、感想を徹底解説!

もぺ的には星
★★★★★★★☆

最後にもぺからのお願いです🙇‍♂️

本ブログが参考になったならブログの運営に協力してもらえませんか?

ネットでお買い物される際に以下のページからリンクを通して、アマゾン、楽天、Yahoo等から購入いただけると嬉しいです😊

【ネットサイト一覧 web】Amazon、楽天市場、YAHOO!、セブンネット、売りたい物がある人はこちらから!

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です