【とり西 伊豆の国市】静岡県東部、三島、沼津で一番美味い焼き鳥は伊豆長岡駅近くのとり西!

焼き鳥大好き家族のもぺこです。静岡県東部で焼き鳥のお店を探していますが、現段階で一番美味い焼き鳥屋は伊豆長岡にあるとり西で間違いないんじゃないかな。

沼津グルメ、三島グルメ、伊豆グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

はっきり言いますが、三島近辺には美味しい焼き鳥屋さんが少な過ぎる!!!

もぺ家が三島に引っ越してきた時には、焼き鳥屋さんは少ないし、焼き鳥屋があっても普通に豚肉も同じ炭で焼いていてドン引き💦

だって、鶏を焼く炭で豚を焼いちゃうと、豚の脂で炭が豚臭くなっちゃうんですよね💢

まあ地域の文化があるので仕方ないと思いますが、豚を焼かない本物の焼き鳥屋を求めて焼き鳥難民生活を送ってました😭

そんな焼き鳥難民時代に発見したのが、こちらのとり西!

もぺ家が愛してやまないお店の一つが伊豆長岡の駅近くにあります🐔

ほぼ、とり西が開店して以来、焼き鳥と言えばとり西でしょ! って感じで通い詰め(笑)

ブチおすすめ🙋‍♂️

しばらく行けない期間が続くと、焼き鳥が切れたと言って家族の誰かが行きたいと言い出すほどこちらの焼き鳥が大好きです😍

お店の外観

とり西で飲まないなんて考えられないので、いずっパコに乗って遠征🚃

駅からほんの1分程度歩くと136号線に出ることが出来て、すぐその先にとり西が既に見えていますよ😍

高鳴る胸の鼓動、トゥインクル トゥインクル by 娘

はい、上の写真から数十秒歩くと “とり西” にとうちゃこ👏

もぺ家はいつも焼き鳥💨をかますので、ほとんど毎回開店第一号🎊

駐車場

とり西さん店舗前、おそらくビルの敷地内にも駐車可能だと思います。

以前は店内喫煙可能でしたが、現在は店内禁煙となり店外に灰皿を完備👌

お店内の雰囲気

カウンター席が6席、3人用テーブルx1、4人用テーブルx2、座敷4人x2だったかな🤔

平日でも満席になることが多い予約必須店ですが、カウンター少数なら当日早めの時間であれば滑り込める可能性も有りますよ!

メニュー

まずは串焼き、揚げ物、サラダメニュー✨

焼き鳥はセセリ、ハツ、やげん、ぼんじりと一通りのメニューが揃ってる本格焼き鳥。

事前予約をすれば天城軍鶏を入荷してコース料理にも仕上げてくださります😍 まだ食べたことないっす😭

揚げものコーナーの若鶏の半身揚げ、こちらもとり西さんの一推しメニュでっせ!

一品メニューにはレバー好きには激推しのレバテキ、静岡と言えばの黒はんぺん、酒のつまみ、締めのメニューも完備されてますよ👏

はっきり言いますがとり西さんのメニューにはハズレが一切ないので、お好きなものをお好きなだけお召し上がりください(笑)

当日のおすすめ

季節のメニューは店内の黒板に書かれています。

コロナの影響でメニューは減っていますが、山菜天ぷらや焼空豆もうまそうだなぁ😍

ちなみに親どり塩焼きは最近のとり西の定番で、もぺは発見したらマストイートです!

実食

乾杯の儀

まずは久々にとり西に来ることが出来たことに家族で乾杯の儀🥂

もぺのドリンクは最初からマイボトルの三岳さま😍

焼酎ブームの際には入手困難になりましたが、すっかり入手が容易になって三岳=とり西になっています(笑)

お通し

この日のお通しは絶妙な火加減のほうれん草お浸し。

実はとり西はお通しに季節感もあり、いつ来ても

ぶち美味い!

何を出してもらえるかは来てからのお楽しみで(笑)

ちなみに美味しすぎて、娘に半分奪われました💦

枝豆

いつも茹でたての枝豆は娘のおつまみ(笑)

早く地物の枝豆が美味しい季節にならないかなぁ。

十品目のサラダ

普段、外食でサラダを頼むことがないもぺですが、とり西の十品目サラダだけは嫁が注文しても文句は言いません(笑)

それは

ブチおすすめ🙋‍♂️

だからです!

ちなみにこちらはもぺ家専用のカリカリポテト大盛りバージョンになります🤩

娘がカリカリポテト大好きで、店員さんがしっかり覚えてくれるようになって定番化したありがたいメニューです🙌

とり西のサラダは葉物野菜中心に香味野菜がバシッと効いていて

\( ˆoˆ )/

ボリューム満点なので、普通に考えたら6人前くらいあるんじゃないかなぁ。

ソリレス&セセリ

まず登場したのは、焼き鳥の王様 ソリレス焼き鳥界のプリンス セセリ

静岡県東部でソリレスを食べることができるのは、とり西だけではないでしょうかと言うほどの希少部位です🤤

ソリレスは限定メニューになるのでご確認してくださいませ、この日は3本ありましたが独り占めも申し訳ないので一人一本の自粛を敢行😢

君にも美味しいを届けるために我慢、、、

ソリレスがなぜ希少部位かというと、一羽から2つしか取れないんです。砂肝と同じなのは内緒(笑)

カリッと焼かれた皮目から噛み締めると

肉汁スプラッシュ!

\( ˆoˆ )/

続いてセセリタレ!

悶絶必至🔥

こちらもジューシーかつ肉の旨味がタレと絡んで

ぶち美味い!

これを食べるために頑張って働いています(笑)

ちなみにとり西さんでは塩とタレお好きに選ぶことも出来るし、おまかせでもOKですよ

砂肝

大量の砂肝は娘専用でもちろん塩、もぺも一本だけいただきます🙋‍♂️

炭火なので表面は香ばしく中はもちろん

肉汁スプラッシュ!

シャリっとした食感が最高っすね。

ちなみにカットレモンは別注文ででして頂くことが可能👍

ささみ山葵

本当は一番最初に食べたいのですが、ここでささみ山葵さまの御成。

これがまた

ブチおすすめ🙋‍♂️

トップを食べると理由が丸見えですが、中がちょうど良くレア状態なんです。

3150😍

タレ肝

肝はタレ焼きにて🔥

程良く熟成を感じるコッテリしたタレと肝のトロトロ感が相まって

けしからん
旨さ!

何を隠そうもぺはレバーが唯一苦手な食べ物なんですが、静岡県東部ではとり西の肝タレだけ美味しく食べることが出来ます!

肝が苦手な方にも

ブチおすすめ🙋‍♂️

親鳥塩焼き

ここで一品ものから親鳥塩焼き。

親鳥って知っていましすか? 実はもぺ親鳥が大好きで、三島界隈で買えるお店を探したことがあるのですが残念ながら発見できず😱 次回とり西に来たときの教えてもらおっと。食べることが出来るお店は一軒発見したので、次回訪問時にブログ用に写真を撮ってからアップしまーす🙋‍♂️

話がそれましたが、親鳥は肉がしっかりと締まっていて歯応えが凄いんです。入れ歯の方には間違えなく食べれない硬さ(笑)

親鳥は卵を産んだ後の年齢を取った熟女(雌鳥)が主流、雄はトットと食べられちゃいますからね😢 ちなみに親鳥に対して、いつも食べている鶏は若鶏と呼んで区別されています。

親鳥は噛んでも噛んでも旨味が溢れて出て、

口内幸福😍

これぞ鶏肉を食べてると実感😊

やげん軟骨

家族みんな大好きな薬研ナンコツはタレ焼き。

こちらもとり西の

ブチおすすめ🙋‍♂️

写真を見て理由がわかった人いますか? はい、ナンコツ周りにしっかりと小肉が付いていて、ナンコツと一緒に食べると

最強のコンビ!

小肉が付いているナンコツを一度食べたらナンコツだけの寂しいやつには戻れない💦

出汁巻たまご

とり西の一品メニューで外せないのが出汁巻!

これも玉子好きの方は

マストイート🤤

溢れ出ている出汁を見たら食べたいよね🤤

しっかりと鶏出汁が効いてコッテリ目の味付けが

悶絶必至🔥

大根おろしは鬼おろしになってるのが素晴らしいチョイス。

三島でとり西の出汁巻に匹敵するのはだいだいさんの出汁巻くらいじゃないかなぁ?

【割烹だいだい 三島】季節毎に訪れたい和食がいただける三島の名割烹!

つくね

つくねは何度か形が変わってきましたが、今はこちらの形に落ち着いているようです。

つくねは軟骨が入っているのとひき肉が粗挽きなので食感が

\( ˆoˆ )/

さらに美味いタレに卵黄が絡むと

\( ˆoˆ )/

これが嫌いな人はいないと断言できる美味さ😍 もちろん鶏嫌いな人は除きます。

注文後に串に成形して焼いてくれるのでちょっと時間が必要なのと、こちらも人気メニューなので早めに注文されることをお勧めします。

セセリ&ささみタレ

この日のもぺの締めはセセリとささみのタレで🔥

もぺの中では焼き鳥=セセリてくらいセセリラブです😍 このジューシーさちゃんと君に届いてますよね?

ささみのタレはメニューにはありませんが、当然注文すれば対応してくださります🙌

鮨は

マグロに始まりマグロで締める

ですが、焼き鳥の場合は

ささみ塩に始まりささみタレで締める

にて間違いないです。

お店の情報

とり西さんはもぺの中でダントツの静岡県東部No. 1焼き鳥店✨ これまで色々な方に紹介してきましたが、皆さんに大好評のためファンが増え続けています。

ちなみにとり西の大将のノリさんとは、最近では鮨を食べに行く鮨友だったりします(笑)

もぺ的には星
★★★★★★★★★

関連ランキング:焼き鳥 | 伊豆長岡駅

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

3 件のコメント

  • 鳥E さん とか、 沼津の K平 さんとか 裾野のM さんとかはどうなのかしら?
    わたしは非常に美味ダッタノデスガ……

    • あくまで個人の意見となりますが、まだ行かれたことがなければ是非とり西を一度食べてみて下さい‍♂️。

      • ありがとうございます。
        是非‼是非‼ 休日を活用して電話予約でゆっくり伺いたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です