nend

【大いにおまかせ 有楽町】シクスバイオリエンタルホテルにある鮨店でハイコスパのランチ寿司コース!

鮨と言えばランチでもかなり高額になりがちですよね。ちょっとお待ちください、有楽町駅前にある6th by ORIENTAL HOTELに出店している寿司店のランチが脅威のコストパフォーマンスです。

沼津グルメ、三島グルメ、伊豆グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

2020年6月に凄いコストパフォーマンスのお店がオープンしたという情報を入手。

しかもそのお店がオリエンタルホテル(新有楽町ビル1F)の店舗ということでさらにビックリしました😲

予約はかなり激戦を予想していましたが、ラストオーダーが14時と遅めの時間までカバーしてあったので無事に席をゲットすることが出来ました👏

お鮨の神様ありがとうございます🙇‍♂️。

予約方法

予約はTablecheckという予約サイト(下記)を通して簡単に行うことが出来ます。

大いにおまかせ

クレジットカードの入力は不要なのでサクッと予約できて👍

お店の外観

こちらが店舗の外観ですが、ビルの雰囲気を邪魔しないデザインとなっており、鮨屋があると知らなければ気が付かずに通り過ぎちゃいますね。

店外への店名の表示はこのように最小限に留めてあります💦。

こんなに立地の良い路面店なのに、完全に隠れ家となっているのが凄いっす。

お店の雰囲気

まだ新しい店内は決して広くないものの、カウンター9席は十分な間隔も取られています。

これならゆったりと過ごすことが可能ですが、逆につけ場はかなり狭くなっているので働かれているスタッフが大変そうです💦。

こちらの写真は退店時にお客さんが掃けていたので、店員さんの許可をいただき取らせていただいております。

カウンター内に2人ほど店員さんがいらっしゃいましたが、屈んで写らないように対応してくださいました🤗。

ご協力に感謝いたします。

メニュー

メニューかなりシンプルな構成です。

おまかせコース

ランチ■かるくおまかせ ¥2,800
バラちらしを含めたおまかせコース。
季節の食材を活かした新鮮な海の幸をご賞味ください。

ディナー■おまかせ ¥5,800
豊洲直送の新鮮な海の幸や、こだわりの食材を使用したおまかせコースでご用意。

ディナー■大いにおまかせ ¥8,800
※前日までのご予約制
おまかせコースより贅沢に品数を増やして、大いにおまかせのコースをご用意。

出典:ホームページ

おまかせコースに特化することで仕入れを制限させて、この低価格を実現しているようですね✨

かるくおまかせ

ランチのぼっち鮨での来店なので “かるくおまかせ” を予約時に発注。

もぺは握りを手で食べるので、おしぼりではなくてウエットティッシュなのがちょっと残念😢

付け台もまだ非常に綺麗なのでちょっと嬉しい気分。

ドリンクはもちろんアルコールも揃っておりますが、お鮨との本気勝負なので熱いお茶をいただきます(笑)。

鯛の昆布締め

スタートは鯛の昆布締めを酢橘塩にて。

皮目を活かして松皮造りにされています👍。身の切り付けもやや厚めで淡白な白身を十分に味わうことが可能。

シャリの酢と塩具合は優しく仕上げられていてどのタネが来ても合うであろ万能タイプかな。

続いて鰤の登場。

軽めのコースなためかタネの展開が早いですね。

鯛、鰤ともにタネが冷た過ぎることも無く、来店時間に合わせてちゃんとセッティングしてくれている様子です👍

中トロ

中トロもなかなか良いルックスしてます。

シャリ、まぐろ、山葵の香りが来たのちに、最後に煮切り醤油の旨味。

こちらの握りはシャリコマほどではないですが、やや小ぶりで女性にちょうど良いサイズではないでしょうか?

男性にはちょっと物足りない気がしますが、かるくおまかせなので仕方なし。

いくら軍艦

しっかりめに味付けされたイクラ。

4貫目で軍艦が登場とは、軽めなので本当に展開が早いっす💦。

椎茸炙り

ここでしいたけの炙りが登場して流れが大きく転換。

表面を炙ってあるので椎茸の香ばしさが引き出されてます。

🔥🔥🔥

飾り包丁の具合がとても良くて、見た目以上のシャリとの一体感が生まれており

ぶち美味い!

ヒラメ昆布締め

椎茸でリセットされた後はヒラメの昆布締め。

こちらも酢橘であっさりと。

まぐろ漬け

2回目のビッグウェーブは赤身の漬けでした🙌。

こちらの付けは短時間でさっと漬け込むタイプ。見た目も深紅色で

\( ˆoˆ )/

べったら漬け

べったら漬けは大根の瑞々しさが上手く残されています👏。

少し甘みが強いのでちょっとした口休めにはピッタリ。

ただ残念なことに、こちらも一品にカウントされてしまっています💦。

干瓢巻き

べったらで口をリセットしたと思ったら干瓢巻きの登場😓。

干瓢は歯応えも良くて

👍👍👍

あれれれっ💦、干瓢ってこれでおしまい?

茶碗蒸し

と思っていたら、茶碗蒸しが登場🤗。

軽めの鬼おろしが餡になっていて激熱い。

🔥🔥🔥

本気で熱かったので味がわかりませんでした(笑)。

トロたく

にぎりがまたまた登場👏。

キューブ状の沢庵を使用したトロたくは見栄えが映えますね✨。

見栄えだけではなく、もちろん食感も

\( ˆoˆ )/

この組み合わせは

最強のコンビ!

いよいよラストは玉=卵焼きです。

こちらの玉は今風のプリン🍮タイプに仕上げられています。

低温で蒸されているのでプルップルンの完全プリン。

直前に表面をキャラメリゼしてくれているのが

ぶち美味い!

ちらし寿司

玉で終わりだと思ったらちらし寿司が現れました(笑)。

見た目では大きさが伝わらないと思うのですが、10センチくらいの器ですので超軽めです👍。

本日いただいたタネの総復習って感じのちらしですね。

握りようにタネを取ると、どうしても身にヘタが出ますよね。ロスを出さないように上手く利用されていますね🙌。

お椀

赤出汁も想像通りの激熱でした(笑)。

もぺは味噌汁は断然赤味噌派なのでこれは嬉しい🤗。

デザート

本当に最後の最後はマスカルポーネの最中アイス。

モナカって口の裏側に皮が張り付いて苦手な人多いですよね、もぺも嫌いではないけどちょっと苦手🤣。

こちらのモナカはパリパリなのに張り付かないので

👍👍👍

お店の情報

ランチのかるくおまかせは全15品で2800円と驚愕のお値段です。品数は多いですが、提供されるテンポも良くボリュームは抑えられているので女性にピッタリのコースだと思います🙋‍♂️。

食後に他のお客さんも居なくなったので、女性の職人さんとスタッフさんと少しお話しさせていただきました。

ネタに偏りがあったので伺ってみると、会社の方針として貝類は使われないそうな。どうしても狭いキッチンで準備しないといけない事情もあり、食中毒が気になるような食材は取り入れてないそうです。

また他のオリエンタルホテルでもこの業態で出店されるのかなぁと思ったら、現状では他のホテルではかねさかさんが入っているらしく出店予定はないそうです。

熱いものは熱く、タネもしっかり温度管理されているのは流石ですね。

低価格で本格的な鮨をカウンターで味いたくなったら “大いにおまかせさん” いかがですか?

特にカウンター鮨に行くのはちょっとハードルを感じる方におすすめです。

もぺ的には星
★★★★★★★

関連ランキング:寿司 | 有楽町駅日比谷駅銀座駅

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です