【羅漢 伊豆市】大自然の中に佇む古民家でゆったりと日本料理を!

もぺが伊豆半島に来て以来、ずっと気になっていたお店が伊豆にある羅漢さん。完全予約制で一日に一組しか体験できない貴重な空間とお食事。まさに伊豆の名店と言って過言なし。

銀座グルメ、静岡グルメ、西湘グルメ、
静岡県東部グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

毎度もぺもぐのご愛顧ありがとうございます✨

ついにこの日がやって来ました🙌

もぺが静岡県東部に引っ越して来て以来ずっと気になってお店、伊豆市地蔵堂にて営業されている羅漢さん。行きたいなぁ行きたいなぁと苦節5年以上思っていて、やっと今回念願の羅漢さんへ伺うことが実現しました🤩

羅漢さん、下記のようにいくつものハードルがあったのでなかなか伺うことが難しかったんですよ💦 きっと君も同じような悩みを抱えながら、もぺもぐを読んでくれているんじゃないかなぁ?

  • 一日一組の完全予約制
  • 予約困難店
  • 場所が伊豆
  • メンバー

まず第一に完全予約制かつ予約困難店なのでそもそも予約が取れない😱 この点はお店の方と早めに調整させていただく事で無事にクリア🙌

次に店舗が伊豆の山の中という不便な場所なので、車で伺うしか方法がなくアルコール飲めないじゃん。と思っていたのですが、有料にはなりますがお店の方が送迎してくれるサービスがある事を知りました!しかも車は往復で一台1000円と破格の値段。四人まで乗車可能なので、その際には一人当たり250円となります✨

あと最後のハードルがメンバー。羅漢さんの魅力の一つが料理の演出ですが、やっぱり大人数の方が映え映えなので最低4人で行きたいなぁと思ってました。そこでインスタにより参加者を募ってみたところ、まさかの参加希望者が続々と見つかるではないですか! 結局、数名はお断りさせて頂いて総勢8人で大人の遠足へGO💨

修善寺から羅漢まで

集合場所は修善寺駅南口のタクシー乗り場。無事に参加者のみなさん全員が予定時刻にとうちゃこして下さいました🙏

ところが、お店の方は北口のロータリーで待って下さっているとは! 修善寺駅は北口に乗降車用のロータリーがあるなんて知りませんでした💦

ちょっと時間は過ぎましたが、修善寺駅からお店までは4人の2組に分かれて乗車してGO🚗

途中もぺの大好きなあまからやさんの看板を横目に、車はどんどん山間部へと進んでいきます。

この時は予定してませんでしたが、この2週間後にあまからやさんに行きました(笑)

周りからどんどん民家が消えていき、田畑と新緑が豊かな山々に囲まれてほっこり😊

お店から周囲の風景を撮ったのがこちら📸

最終的には結構細い道を降りてくることになるので、お店まで自家用車で来られる方はお店に良く確認しておくことをオススメします。知らなかったら最後の道を下る勇気はもぺにはないかな😅

羅漢の外観

お店にとうちゃこしましたが玄関口にど〜んと前付けとなったので微妙な全貌(笑)

玄関横には薪が積まれているので、店内に暖炉があるのかなぁ🤩

お店の裏側には不思議な建物? 羅漢さんで豚を飼われていたと話に出ていたので豚小屋かと盛りあがりました(笑)

こちらがお店の看板。

さてさてこの日のお食事に

ワクワクドキドキ😍

羅漢の雰囲気

店内に入るとオシャレ過ぎる洋館のようなご立派なお部屋✨

8名なので椅子が8脚用意されていますが、2脚はちょっと異なる椅子なので通常の定員は6名でしょうかね。

どでかいジュークボックスに暖炉、何よりも奥に飾られている子供たちの絵が心を惹きつけます。なんとも言い難い表情なんですが、ぜひ実物でご確認下さいませ🙇‍♂️

反対から撮るとこんな感じ。

もちろん2人でも良いのですが、広さがあるのでやはり4人以上での来店がオススメです✨

まだ日が暮れるとちょっと肌寒かったので暖炉が活躍🔥

天井が高いので、思っているよりもお部屋を広く感じます👍

最初にお茶を出していただき、最初の一杯は🍺を楽しみにしていたのですが思わず飲んじゃった💦

羅漢のお料理

食事の準備が整ったところで、なんと部屋移動することに!

そして通されたのは先ほどの🐽さんトークで盛り上がった場所じゃないですか(笑)

中に入ると人数分の前菜と食前酒として梅酒が準備されています。

菜の花に囲まれた盛り付けは、鮮やかな前菜を引き立てる美しさ😍

いつもは味がどうのこうの偉そうに述べていますが、羅漢さんの料理は五感の中でも視覚に強く印象が残る品々でしたので最小限の説明で進めます💐

何はともあれ、総勢8名にて梅酒で乾杯🥂

この日はもぺがお初の方が2名参加くださり、総勢8名で乾杯を行うことが出来ました😊

前菜は色鮮やかなビーツのソース。なんと器の周りを覆っているのは桜に見立てられた大根のなます🌸

一皿に見どころが満開!

ジャガイモのクロケットはあられがカリッカリ、中はもちろんとろけるチーズ😍

実はこの場所、内部から見るとわかりましたが大きな木桶をひっくり返して利用されてます。8人にはちょっと窮屈だったものの、一気にみなさんの距離が縮まる効果があった気がするな😊

歓談している間に次の料理のセッティングも終わり、店主さんからお声がけ頂いてまたまた部屋移動💨

はい、お待たせ致しました羅漢さんと言えばこちら💁‍♂️

8人分ともなると分量が多くて、美しさも倍増しちゃってます😍

絶妙な配置で八重桜を挟むことにより、全体として統一感が生まれて見事な絶景に✨

写真で見る以上に美しく、ここでしばらくみんながあーやこーや、ぼかし入れるのはポートレート使うんですよと撮影会も最高潮の盛り上がり(笑)

ここで参加者のMさんが持参して下さった農口尚彦研究所の日本酒も登場🤩

旨味が強くて

3150😍

いつもレアなお酒をお持ちくださり本当にありがとうございます🙇‍♂️

ここでやっと念願のビールで乾杯🍻

先ほどの盛り付けを個人分取り分けるとこちら。

いやぁこれも立派ですが、先ほどの盛り付けを見ちゃった後だと随分と寂しいですよね💦

こちらを頂いた後に、またまたお部屋移動です✨

障子を開けると、そこには囲炉裏を囲む形で純和室のセッティングが😍

凛とした和の雰囲気に

一目惚れ💎

セッティングされていたお料理はお刺身の盛り合わせ😍

伊豆って山の中なんですが、東に行けば伊東、西に行けば沼津と、海の幸も頂ける料理旅館も多くて名店と呼ばれる鮮魚店もあるんですよ!

ちなみにその鮮魚店はもぺもぐにもアップしているので探してみて下さい。取引のあるお店の迷惑になるので、あまり拡散したくないためリンクは控えます。

机の上には本山葵がど〜ん!

写真には一本しか山葵を写していないのですが、実はもう一本山葵があって鮫肌も粗いものと細かいものと二種類。至れり尽せりで山葵も堪能出来ちゃいます。

羅漢さんの周りには山葵棚だらけなので、早めに来て風景を楽しむのも良いですよ🙋‍♂️

お刺身はご覧の通りの五点盛り。

皮を活かせる魚はちゃんと皮を使用してあり、どの魚もエッジが立っていて美味しそう😍

山葵は二種類の鮫肌でおろしてあるのが一目瞭然でしょ! 奥のクリーミーな仕上がりは山葵の爽やかさと甘み、手前の粗いのはビシッと辛味が効いて

\( ˆoˆ )/

山葵が美味しいとシンプルなイカもポテンシャルが引き出されて

あま〜い😍

手前は今が旬のイサキ(伊佐木)と奥は確か網代のアジ(鯵)。

中トロはしっかりと脂が乗っているのでクリーミーな山葵をたっぷりと使うと

👍👍👍

続いて登場したのが本日のメインディッシュの豚ですが、何やら見慣れない姿での登場に

よだれ5リットル🤤

豚肉は見事なレア具合に仕上がり、これなんと松崎の桜葉で包んで蒸している一品。

さっそく豚肉から頂いてみると、しっとり柔らかくジューシーな肉質に桜の葉が良いアクセントになって

ぶち美味い!

桜の香りと塩気が豚肉とめちゃんこ良くあって

けしからん
旨さ!

これは今までに食べた豚肉料理でNo. 1かも知れません🤩

添えられているのは湯葉を揚げたカップ、中には椎茸とスナップエンドウが豆腐味噌で和えてありますよ。

ここでちょっと退席してパシャリと📸

戻ってくると既に煮物が整ってました。

煮物に入っていた魚は伊東で取れたコブ鯛、ちょっと見慣れない皮目に脂のりが良くホロホロっと

うまぁ🤩

出汁はかなりの薄口で上品な仕上げ。

桜餅って大好きなのですが餡子じゃなかったら良いのにとつくづく思っていたのですが、こちらは帆立入りで

夢のような一皿やん!

ついに囲炉裏に網が敷かれて、何が登場するでしょうか?

と思っていたら、このタイミングで揚げ物(笑)

しかも奥にある蛤のグラタンのような揚げ物が良かったのに、アップ写真を撮り忘れたよ💦

そして網を使うのは〆のご飯が焼きおにぎりでした🙌

炭火で焼いたおにぎりを食べるのは人生で初めてな気がします✨

8人分のおにぎりなので、網の上にギッシリで収まりが良くなんか気持ちいい👏

漬け物も美しい盛り付けでいらっしゃる。

ここでまたまたちょっと息抜き。

こちらもなんとも言い難い表情をした置物とこちらの絵画。まるで芸術センスを問われているような気がします💦

そうこうしているとCさんが焼きおにぎりのお世話を完璧にしてくれていた🤩

さらにお漬物も完璧に取り分けてくれているし

\( ˆoˆ )/

実はここにアボカドと椎茸がいてびっくりですが、思い出すだけでいずれも美味しかったなぁ😍

Cさんここまでお世話してくださりありがとうございます。

心のこもった焼きおにぎりは、表面がカリッと中はふっくらで

口内幸福😍

もう一つの焼きおにぎりにはこちらのお出汁!

ここでCさんがまたまた先ほどの山葵を付けてくれて

これが大当たり🎯

まさに一家に一人Cさんがいらしたら、皆さんの食事がワンランクアップすること間違いなし✨

最後のスイーツは最初のお部屋に戻ってからイチゴのババロアケーキ。

ゆったりと寛ぎ過ぎたので、最後はバタバタと修善寺まで送って頂いてお開き。

羅漢のお節料理

羅漢さんではお節料理の販売も行なっており、もぺ家では羅漢さんのトラディショナルなお節料理を毎年購入しております。

おそらく昨今の物価高により、今後の価格は変動すると思うので記載を控えます。

皆さんが一番気になるお節料理の配達は二種類。伊豆、伊豆の国、函南、三島、沼津近郊の方は12/31に配達してもらうことが可能と嬉しいサービス。その他の地域にお住まいの方は、12/30にクール便での発送となっています。

風呂敷を解くと、木の箱に入ったお重が登場🤩

ジャジャーンとこちらがお節料理の全貌✨ The お節料理という内容となっていますが、種類が豊富なのと肉、魚、野菜がバランス良く使われており、見た目にも華やかでいい感じでしょ🙌

お召し上がり方

冷暖房の完備されました昨今では室内外の温度・湿度差が大きくおせちには厳しい環境でございます。お届け致しましたおせちには、人工着色料・保存料は一切使用しておりませんので、お早めにお召し上がり下さいませ。

こちらがお節に入っているお品書き。

ここには書かれておらずもぺも写真を撮り忘れたのですが、なんと中伊豆 筏場の本山葵が付属しています😍

こちらが一段目👏

パッと見ただけでも、品数が凄いことになっているのがわかるかと思います!

こちらが二段目👏

コンニャク辛煮用には、小袋に入ったおぼろ昆布が付いている手の混みよう。さらに椿見立には、煎り玉子が袋に入っております。

もちろん味も間違いなく

\( ˆoˆ )/

ですので、興味のある方は11月頃に羅漢さんに直接伺ってみて下さい🙋‍♂️

羅漢の情報

夢にまで見ていた羅漢さん、こんなお店が伊豆にあったんだとびっくりするほどの名店✨

料理が美味しいお店は探せば見つかりますが、本当に雰囲気の良いお店って探してもなかなか見つけることが出来ませんよね。

今回は暖かくなった春に来たので、次回は秋から冬にかけて再訪したいと思います🙋‍♂️

もぺ的には星
★★★★★★★★☆

関連ランキング:懐石・会席料理 | 修善寺

 

もぺもぐにアップしているお店は、下記のもぺもぐマップ(Googleマップ)から位置情報で検索可能です。お店を選ぶとリンクが貼ってあるので、ポチッと押すと記事にGO💨

本ブログが参考になったならブログの運営に協力してもらえませんか?

ネットでお買い物される際に以下のリンクを通して、アマゾン、楽天、Yahooから購入いただけると嬉しいです😊

[

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です