【天丼ころも 平塚市】商店街の外れに行列必至の安くて美味い天丼専門店を発見!

探せば必ず見つかる街の名店ですが、平塚でも凄い名店を見つけちゃいました。そのお店は天丼専門店として営業している天丼ころもさん。このお値段で、美味しさとボリュームを兼ね備えた天丼は凄い。

銀座グルメ、静岡グルメ、西湘グルメ、
静岡県東部グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

毎度もぺもぐのご愛顧ありがとうございます✨

家でほとんど食べることがなく、外食で食べたいものランキング上位に来るもの、それこそもぺにとっては天ぷら🍤 天ぷらって材料を集めるのも大変だし、そもそも美味しくあげる知識も技量もなし(笑)こんな料理は外で楽しむしかないですねよね!

とはいえ、都心なら天ぷら専門店も数多く営業していますが、地方となるとそもそも天ぷらの専門店がない💦 ランチであれば和食のお店のメニューの中に天ぷらがあったりしますが、どうせ天ぷらを食べるなら専門店の本気の味を楽しみたいですよね。

そんな訳もありまして、行動範囲内で天ぷらのお店もチェックしているもぺですが、なんと平塚に美味しそうな天丼のお店を発見✨ 天ぷらではなくて、天丼を名乗るあたりにお店のこだわりを感じさせる「天丼 ころも」さん。

店名もどストレートに「ころも」とは面白いお店。平塚駅からは少し離れていますが、美味しい天丼を求めて自転車でキコキコと美味しい天ぷらが食べたいぞダッシュ💨

久々に先に述べちゃいますが、天丼ころもさん超オススメですよ🙋‍♂️

天丼ころも

平塚駅の南口を出ると、南へと真っ直ぐに開けた大きな通り。お店が密集している北口とは異なり、この開放感は西湘の大きな魅力ですよね。どこか南の島にやってきたような気分にすらなりますわ🏖

平塚駅から南西に進んだ場所にある商店街、ここなんて名前の商店街なのか調べてみると西海岸マリンロード商店街の様子。ちなみに平塚で有名な花水ラオシャンの本店はこの先にありますよ。ヤベェ、既に実食済みなのに、まだアップ出来てないのを思い出した💦

西海岸マリンロード商店街から南に曲がると、この先にある行列の場所が天丼ころもさんだろうな💦 ちなみにこの日はスタートダッシュに失敗しまして、店頭に到着したのは12:30と遅めのランチ。到着時には4人ほど並ばれていて、その後も行列が絶えることのない感じでしたね。

この場所で常に行列するとは、天丼ころもさんは平塚でもかなり人気店の様子。

こちらが天丼ころもさんの店舗。

暖簾には天ぷらの文字が入っており、周辺には胡麻油の良い香りが漂ってます😍 これだけ良い匂いを出していたら、周辺に住んでいると天ぷらが食べたくなって仕方ないはず(笑)

天丼ころもの駐車場

天丼ころもさんには駐車場の準備はないようです。店舗すぐ前にもコインパーキングがありますので、こちらが一番便利だと思われます。

天丼ころもの店内

店内の撮影許可を確認したところ、料理類はOKだけ店内は不可とのお返事。天ぷらを揚げているとことか、正面席だったので撮りたかったけど残念。店主さんは一人でキビキビと全工程を(接客・調理・会計・片付け)をされており、邪魔にならないように天丼に集中します🔥

というわけで、店内の写真はありませんが、席を確認するとカウンターが8席とテーブルが3卓。店主さん独りですべてを回しているので、カウンター席は間引きながら営業されている様子。

卓上調味料は七味が2種類となってます。

天丼ころものメニュー

天丼ころもさん、店名の通り天ぷら定食などはなくて、メニューはすべて天丼となっています。一番豪華な海老穴子天丼ですら、なんと2,100円と格安の価格設定に

本気でびっくりしたわ!

しかもこの海老穴子天丼、内容を見たらさらにビックリすること間違いなし🙋‍♂️

ちなみにメニューには記載されていませんが、壁には子供用と思われる小天丼(海老1匹、ご飯約半分)650円が書いてありましたよ。

こちらは追加できる天ネタ。こちらの値段をみると、そんなに安いとは感じないけどこのギャップはなんなんだろう🙄

おみそ碗

まずはおみそ碗が登場。天丼の仕上がりに合わせて、小鍋で都度温め直してくれているおみそ碗は熱々での提供スタイル。

出汁の良い香りで、具材は上品な三つ葉とお豆腐とシンプルなスタイル。う〜ん、味噌の濃さと出汁のバランスが素晴らしく

うまうま🤩

これは久々に美味しい味噌汁だわ。

お漬物は白菜を軽く漬けた浅漬け。

海老穴子天丼

しばらくすると、蓋が閉まらず完全に穴子がはみ出している天丼が

ど〜ん🤩

いやはや、これまでにもはみ出す丼を数々見てきましたが、この天丼はその中でも間違いなくトップクラス✨

全体像を見るとこんな感じ(笑)

もうね、全体が完全にまっ茶色になっており、何がなんの天ぷらなのか判断がつかないほどw そし何よりも、丼を横断している穴子が巨大すぎて机にタッチしちゃってます。

もう何がなんだかわかりませんが、取り敢えず穴子の骨まで使っているのは👍 鰻では良く見かける骨せんべいですが、穴子の骨せんべいは初めてかもしれないな。

まずは机にタッチしている穴子から食べてみましょう🙋‍♂️

しっかりと揚がった穴子はタレに浸かってますが、まだサクサク感が残っておりますなぁ👍

ふっくらと柔らかい穴子が

3150😍

天ぷらの衣はやや厚めで、甘辛く塩気も効いているタレはパンチ力あり🙋‍♂️

取り敢えず、ご飯も天ぷらと一緒に食べたいので、天丼の蓋の上に一度ある程度の天ぷらを退避させましょう!

ころもさんの天丼は、やや硬めのご飯にタレがしっかりとシミシミしているスタイル✨

もぺ的にはタレがシミシミのスタイルはあまり好きではないのですが、ころもさんのタレはパンチが効いていて

もぺのタイプ😍

しっかり甘辛いのに、不思議とキレがあるんですよね。

こちらはトッピングで追加したいか(小かき揚げ)。

この価格の天ぷらだと冷凍イカになるので、どうしても硬くなっちゃいがちですが、こちらの天ダネでは小さく切ってかき揚げになっているので食べ易く

見事な伏兵やん😍

甘辛いタレとの相性も抜群なので、こちらは追加でマストイート✨

穴子天のインパクトに押されていますが、この写真の中央に位置しているのが海老天🍤

衣は厚めですが、しっかりと火入れされた海老はプリプリ。天丼の価格を考えたら海老のサイズも、なかなかご立派じゃないかなぁ🙋‍♂️

箸休めにピッタリな茗荷の天ぷら。

いやぁ、穴子天もしっかりと太い穴子を使っているので食べ応え満点👍

骨せんべいはポリポリと良い感じ。

こちらは単品からトッピングしたとり天。

とり天はしっとり、これは揚げ過ぎておらずジューシーに仕上がってますよ。

定番のナス天もいらっしゃいますよ。

こちらは二本目の海老天。

海老天って一本だと食べ終わったら寂しい気持ちになるので、二本付けがもぺの好みです(笑)お刺身も一切れだと寂しいし、ちゃんと味わう上でも二切れ欲しいですよね!

〆の前に、一度ししとうにて口の中をリセット。ししとうを一番美味しく食べる方法って、もぺ的には天ぷらじゃないかと思ってます。

最後は海老の尻尾にてご馳走様でしたv

君は海老の尻尾までちゃんと食べていますか?これ、残しちゃうとただのゴミになるので、食べることが出来る物はきちんと食べてSGDsしましょう🙋‍♂️

天丼ころもの情報

いやぁ、まさか平塚にこんなにリーズナブルで美味しい天丼の専門店があるなんて思いもしませんでした🙋‍♂️

天丼ころもさん、この価格と味を提供できているのは、間違いなく店主さんによるワンオペでの営業スタイル。

店主さん本当に凄いっす!

お昼時には行列となりますが、近隣にご迷惑をかけないよう静かに並びましょうね!

もぺ的には星
★★★★★★★★★

もぺもぐにアップしているお店は、下記のもぺもぐマップ(Googleマップ)から位置情報で検索可能です。お店を選ぶとリンクが貼ってあるので、ポチッと押すと記事にGO💨

本ブログが参考になったならブログの運営に協力してもらえませんか?

ネットでお買い物される際に以下のリンクを通して、アマゾン、楽天、Yahooから購入いただけると嬉しいです😊

[

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です