nend

【あめや鮨 三島】三嶋大社そばにある明治元年創業のぶっちぎり老舗鮨店!

老舗の鮨店と聞くと一度は食べておきたい響きですよね。一方で、敷居が高そうだなぁと思いませんか? あめや鮨さんはぶっちぎりの老舗ながらも、三島市民に愛される名物鮨店ですよ!

沼津グルメ、三島グルメ、伊豆グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

鮨が好きすぎて地元の静岡県東部の鮨屋を制覇したいと考えています。まずは三島、沼津でランチ営業をされている寿司屋から、ぼっち鮨を楽しんでいます。

今回紹介したいのは、三島が誇る超老舗寿司店の “あめや鮨” になります。過去に3回ほどお世話になっており、自信を持って紹介できる三島寿司店の1軒になります。

お店の外観

あめや鮨さん、名前を聞いてあめや=飴屋って思った人も多いのではないでしょうか? そんなあなた、大正解です👏。実はあめや鮨さん鮨屋を始める前は、三嶋大社に訪れる参拝客に水飴を供していたそうです。

あめや鮨さん自体の創業が明治元年になるので、江戸時代の話です💦。ゴイスゥの一言、とてつもない伝統です。ちなみに今の大将は4代目に当たります。そんな大将も “俺も後期高齢者なんだぜ” と話されていてビックリしましたよ。はっきり言ってお若い! 鮨屋の大将って皆さん姿勢が良く凛とされているので、20歳くらい平気でお若く見えますね👍。

店舗は本当に三嶋大社の真横、歩いて1, 2分の距離感ではないでしょう。

場所柄もあり、大社への訪問客が訪れる機会が多いと思います。特によく見かけるのが、七五三のお参り後の食事ではないでしょか? 実はもぺも娘の七五三後にこちらで昼食を頂きました。日本人的に、晴れの日には鮨って老若男女問わずベストな選択肢でしょう🙋‍♀️🙋‍♂️。

メニュー

通しメニュー

メニューはしっかりと店外に掲示されています。

メニュー

・握り寿司
・握り盛り合わせ
・ちらし寿司
・コースメニュー

こちらへの記載はありませんが、コースも対応可能です。また2階には数十人は入れる広いスペースがありますので、各種イベントにも対応いただけますよ!

ランチメニュー

平日のお昼限定ということですが、通常よりお得にランチすることが可能です。ランチは混み合うことも多いので、是非予約をして伺いましょう。もぺが伺った際にも混んでいて、数名の方が並ばれておりました。

実食

店内の様子

握りの前にまずは店内の様子から。カウンターはL字型でちょっと広めの12席。タネケースにはぎっしりと、かつ整然とタネが準備されています。大将、写真の許可を頂きありがとうございます🙇‍♂️。

おまかせ

お決まりの握りは皿盛り(握り置き)での提供になるので、お好みとお任せで悩みました🤔。ただ、タネが多くて把握できないと思い、今回はおまかせに決定!

初球はいきなりど真ん中にストレートの中とろ。嫌いじゃないですよこの先制パンチ。ご覧の通りの超厚切りです。山葵をたっぷりと効かせて

ぶち美味い!

あやめ鮨やるな😍。

続いてはひらめ。やはり厚切りですが、少し寝かせてあるのか身は柔らかでちょうど良い食感。

お任せにして正解でした。と言うのも、お店の経営方針にもよるのですが、ほとんどの鮨店はお決まりの盛り込みとお任せではタネの切り付けが全然違ったりします。

お店の実力を正しく見極めるには、是非お任せかお好みで食べられることをおすすめします。

サーモン。

続いて縞鯵。ここで来ましたかもぺの大好物シマアジさん。おーお!、腹身の脂ノリノリを出してくれました。これこそがお任せの醍醐味😍。

3150

その分、お代に反映されますけどね(笑)。

勘八もしっかりとした脂のり。お任せにして良かったなぁ😍。

ここから怒涛の炙り攻めが始まり始まり👏。

最初の炙りは太刀魚。こ、こ、この肉厚さはまぎれもないドラゴンじゃないですか! ここまで厚みがあるサイズになると肉質も普段食べている太刀魚と全く別物。筋肉質なシャキッとした歯応えというよりも上質な白身に化けています。

けしからん
旨さ!

太刀魚界では、サイズの大きなもの(指5本以上の横幅、120cmが釣り人の基準の様です)をドラゴンと呼んで珍重しています。 さらに大きなサイズになると神龍(シェンロン)と呼ばれるみたいです。

金目鯛炙り。これ見事なピンク色じゃないですか😍。見た目だけで間違いなく美味いとわかりますよ。久々にうんまい金目に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

こちらはまさかの鯛の炙りとのこと。やはり皮付きですが、鯛だけに雑味がなくて良いです!。

炙りの締めはノドグロ炙り。錦織圭さんが大好きな赤むつですね。ノドグロは結構脂ノリが激しすぎることが多いのですが、こちらは脂ノリと身のバランスが素晴らしく絶品😍。

あ、煮穴子も炙ってありました(笑)。こちらの穴子はトロトロではなく、上手いことプルップルの肉感が残されています。これは

けしからん
旨さ!

これはきっと老舗の味わいなんだろうなぁ👏。

烏賊は抹茶塩にて。笹の葉とのコンビネーションが映えますなぁ。イカに抹茶塩って、ありそうだけど初めて食べましたわ。

イカ食べて油断していたら、また炙りがやって来た(笑)。

〆さば炙り、見た目だけでじんわりと脂がにじみ出ているのがよくわかりますよね😍。改めて見ているとまた食べたくなっちゃいました。

海老&

タコは切り付けの妙で、生なのに歯応えがよく食べやすいなぁ。

勢いよく食べていたので、いつもより満腹になるのが随分と早い(笑)。と言うことで、大将にストップをかけてから、最後の2貫は食べたかった北寄貝小肌をチョイス。

ホッキって握り以外で食べることがあまりない貝ですよね。火を入れることで甘みが増して、もぺの大好きなタネの一つです。

最後の締めはコハダちゃんです。ほっほ〜う、こはだ独自の味わいが活かされています。少し寝かしてあるのかなぁ。小肌は店それぞれで独自性が高くて、仕込んだ日に使うところもあれば、一週間程度寝かせるお店もあります。

お椀はしじみのお味噌汁。思わず飲んでしまっています💦。

すいません、ガリも食べてしまっています💦💦。こちらのガリ美味いなぁ、これでガリソーダ作ったらめちゃ美味いに決まってます😍。次回お願いしてみたいと思います。

お店の情報

三島の超老舗のあめや鮨さんいかがでしたでしょうか? とても気さくな大将ですので、カウンターでぼっち鮨も安心ですよ。

いつもの如く、野暮な価格は記載しません。もし気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださればお知らせ致しますよ。

ちなみにあめや鮨さんは、三嶋大社の真横という立地抜群の場所にお店を構えられています。駐車場はお店のすぐ北側に、十分な広さを確保されています。お昼にお店の予約をする際に駐車場のお願いもしておけば、車で来て駐車をさせていただけます。七五三を大社で済ませて、ランチに直行出来てとても便利ですよ。

もぺ的には星
★★★★★★★★

関連ランキング:寿司 | 三島田町駅三島広小路駅三島駅

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です