【古民家食事処 竹の子 富士市】閑静な住宅街で頂くおばんざいセットは完全予約制で必食!

Googleマップで発見した竹の子さん。住宅街でひっそりと完全予約制にて営業されていますが、驚くような食事内容なのに低価格で味も間違いなし。ここは凄すぎて余り教えたくないお店だわ。

静岡グルメ、伊豆グルメ、
沼津グルメ、三島グルメ、富士グルメと言えば
こんにちはもぺこ (@phd_mopeco)です。

もぺもぐのご愛顧ありがとうございます✨

最近、インスタやネットの情報だけでは限界を感じてGoogleマップでお店を探しているもぺこです(笑)

インスタは話題のお店を探すには非常に便利なのですが、インスタのアカウントを作らずにひっそりと営業されているお店がなかなか見つからないんですよ💦 ネットで探しても不要な情報に埋もれてしまって、そこから欲しい情報を抽出することが非常に難しく完全に大手サイトに阻まれてるわ。

その点においてGoogleマップは非常に優れています。なにせ情報が地図の位置情報にリンクしてあるので、不要な情報がなくて非常にお店を探しやすい👏

さらにここに来てGoogleが推進しているローカルガイド制が浸透して来てるんです👍 情報を供給する人もかなり急激に増えていることが実感できるほど、ニッチな情報まで網羅しつつありますよ。

そんなGoogleマップを徘徊していて発見したのが 「古民家食事処 竹の子」さん🤩 地図で見るとこんなとこにお店があることにびっくりしますよ。

竹の子さんの何に惹かれたかというと、おばんざい定食の品数がゴイスー! すぐさま予約を取って、おばんざいダッシュをかまして来ましたよ💨

結果、おそらく2021年に初訪問したお店でもぺグランプリがあるとすれば、間違いなくダントツで優勝🏆

お店の外観

お店は富士山の麓の住宅街、三島から小一時間はかかる場所かな?

にしても、この車の列の先頭に自転車ばりに遅い車がいて、既に50台くらい列になっちゃってました😱

ナビの案内に従ってズンズン進むと、遅い車とも無事にお別れして車っ気が全くなくなって来ました(笑) 周りに住宅はあるのですが、人の気配が恐ろしいほどに皆無😓

最寄りのバス停はスケジュールを見てびっくり、朝の2本しかバスがないじゃないですか!

そんな道から少し下っていくと、ごはん屋 竹の子さんに時間通りにとうちゃこ🏎

ご立派な古民家はなんと築140年の物件を改装されてから使用されているとのこと。

この雰囲気というかオーラは歴史を重ねないと出すことが出来ないでしょう。こんな建屋で営業されている事実だけを取っても、料理への期待が否応なしに高まるわ😍

駐車場

駐車場は竹の子さんの敷地内を利用可能です。車以外で来る方法ないですからね(笑)

店内の雰囲気

店内に入るとそこはおばあちゃんの家に来たかのうような雰囲気。純日本家屋にぴったりの品々がたっぷりとディスプレイされていたので、食事までの間に見学させていただきましょう!

囲炉裏付きのこの机めちゃんこ良いなぁ😍

でもこれを家に置きたいと言ったら嫁にド叱られそうなので、ここだけの話にしておきます(笑)

やっぱり木の家って古くなっても良いものですよね。

こちらはもぺが通していただいた机からの眺望✨

この日はお店のオープン時間の10時から予約したので、ちょっと肌寒くて暖房を入れて下さっていました🔥

メニュー

もぺが伺った際には炭火つるし焼き豚は休止中とのこと(2021年11月中旬)。お持ち帰りしようと企んでいたのでちと残念😢

ランチだけでなくディナーも同価格で営業されているのは神ですよ🙏

おまかせ おばんざい定食

白菜鍋

お店の予約時にメニューも伝えてあったので、しばらくすると白菜の鍋が登場🙌

ちょっと肌寒い時に温かいこちらがスターターで

\( ˆoˆ )/

ちなみに鍋に付いている天ぷらは、桜えび天にガーリックチップ、大物は黒ハンペンで鍋の味変に使って下さいとのこと。

まずは桜えび天から頂いてみると、サクサクで桜えびの風味が口の中に広がり

口内幸福😍

続いて鍋に浸して白菜と頂くと、これまた桜えびの旨味とトロトロの白菜が甘くて

最強のコンビ!

素朴な料理ですが、竹の子さんもうこの時点でもぺの心を鷲掴みしてます。

おばんざい

鍋を食べ終わる前に本日のメインディッシュ おばんざいが登場😍

お盆の中には、なんと17種類もあります!

夢のような一皿やん!

今回は長期戦になりますので、ここで一度CMをはさみます(笑)

焼き立てのチーズ焼きからどうぞとの事だったので、完璧な焼き目のこちらから頂きます。

チーズの下にはハムに玉葱と非常にシンプルですが、玉葱が非常に甘いのでチーズの塩気と良く合って

うまぁ🤩

こちら瓜の麹漬けかな? 今回はご飯をセーブしようと思っていたのに、ご飯のお供にピッタリですわ😍

ピクルスは甘みと酸味のバランスが好きな感じ、どちらかが勝るのではなくちょうど良い塩梅。

ちりめん山椒は、思いのほか山椒がフレッシュかつめちゃんこ効いているので

ごはん泥棒🍚

もぺならこれだけでご飯一膳食べれちゃいますぜ。

里芋の煮物にはたっぷりミンチ😍

ほっほ〜、こちらには生姜が効かせてあるのですが、これがまたフレッシュで心地良く

けしからん
旨さ!

一緒に生姜を煮込むと味にキレがないと思うのですが、こちらはキレキレでどう調理されてるんだろう🤔

ヌタ的な和物はどこか中華的なお味にて、いやぁどれも単純な醤油と出汁的な和食ではなくて創意工夫に

本気でびっくりしたわ!

小鉢の中で唯一の魚は生姜の煮魚にて、これは誰が食べても間違いなくご飯が

ぶちススム君!

万願寺的なししとうは、そのままガブっと一口で頂くと大人の苦味が👍

今回の小鉢でメインディッシュ的な存在だったのが肉詰めフライ。

こちらは意表をつくカレー塩にて登場です🤩 ここのご主人、料理の腕だけでなく献立の構成が非常に巧み。

ともすると田舎料理になりがちな小鉢料理ですが、ちょうど良いタイミングで変化球を織り交ぜることで味に飽きることなく

ワクワクドキドキ😍

肉詰め椎茸はどんこくんが肉厚ジューシーで

ぶち美味い!

しかも片方はなんと肉詰め蓮根じゃないですか😍

椎茸はもちもち、蓮根はシャキシャキとして食感のコントラスも最高!

ご飯のお供には生姜が2種類。

左は鰹節を効かせて熟成感があり、右は梅酢でしょうかねさっぱりした仕上がり。

これを前にするとご飯のセーブが効かなくなるわ💦

白和えはシンプルなお味ですが、何か香味野菜がアクセントになっています。セロリ?三つ葉?う〜ん🤔

美味いからOK牧場

きんぴらは大きめサイズで食感がワイルド。竹の子さん、決してどの小鉢も味が濃いわけではないのですが、ご飯との相性が良くてご飯が

やたらうまい🤤

これなんだろうなぁと食べてみると山葵の茎ですかね? 良い感じにピッとした風味があり、これは流石にご飯が

マストイート🤤

これ家に山盛りあったら困りますが、これくらいで出して貰えると

3150😍

こちらの小鉢は色々なキノコ達🍄

キノコって種類を増やしてあげると、旨味がどんどん増すんですよね。こちらもほとんど調味料は使われていないと思うのですが、キノコの重曹感が

やたらうまい🤤

実は小鉢を食べている間にもつ煮も出て来ました(笑)

もつはフワフワの食感、優しく薄めの味付けなのに臭みは一切なく

👍👍👍

さりげなく蒟蒻がめちゃんこ美味しかったなぁ😍

店主さんと少しお話をさせて頂き、三島から来たことを伝えるとゆっくりしてくださいねとコーヒーまで頂いちゃいました。

お店を開いて3年目とのことですが、この大半の期間はコロナであったことからお店の営業も大変だったそうです。

そろそろアフターコロナに向かって活動も増えつつあります、竹の子さん実は大好きになり教えたくないお店。一方で隠しておくには惜しいほど最高なのでもぺもぐに書きました✨

お店の情報

ご飯のお代わりは言ってくださいねと優しいお声がけ。なんとかお代わりなしで頑張ろうと思いましたが敢えなく断念(笑)これだけ小鉢があったら、食欲が全開放されちゃいましたよ(笑)

こちらのおばんざいは小鉢に入ってるために量が少なく見えますが、全くそんなことはありません🙋‍♂️

しっかりと分量があるので、普段は大盛りパワーランチを食べているもぺでも腹パン必至でした。

最初にも書きましたが、2021年に初訪問したお店のもぺグランプリがあるとすれば、間違いなくダントツで優勝🏆

もぺ的には星
★★★★★★★★★

関連ランキング:和食(その他) | 吉原本町

関連記事

こちらで簡単にシェア出来るよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です